Home

不妊で悩む女性のための自然妊娠術

赤ちゃんと保湿

大人と比較すると皮膚の厚さが薄い赤ちゃんは、バリア機能が弱く、正しく保湿ケアを行う必要があります。

赤ニキビと、赤ちゃんのニキビとはあまり関係がありません。

特に、生まれてから3歳くらいのまでの赤ちゃんは、お肌の機能が不完全な為、保湿を中心としたケアが重要になります。

一般的に、赤ちゃんのお肌で乾燥しやすいと言われているのが、頬や口の周りです。

食事の後に口の周りを拭いた後などは、乾燥しやすくなっているので、ベビー用の保湿ローションなどで、保湿ケアを行ってあげましょう。

ただし、過剰な保湿ケアは赤ちゃんには厳禁です。

保湿剤をつけすぎてしまうと、皮膚の新陳代謝を鈍くしたり、皮膚からの放熱が妨げられ、体内に熱がこもってしまう原因となってしまいます。

熱がこもると、蒸れて赤みが増したり、雑菌が繁殖しやすくなるなどのデメリットがあります。

高温多湿になる時期の保湿は、塗りすぎることがないように注意しましょう。

赤ちゃんの皮膚が乾燥してカサカサになるのは、赤ちゃんの皮膚の再生や新陳代謝が活発な為に起こっている場合があります。

古い角質がそのまま皮膚に残ってしまうと、垢として蓄積し、体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんは、雑菌が繁殖し、皮膚のかゆみが生じやすくなってしまいます。

保湿も大切ですが、古い角質を落とせるようにしっかりと身体を洗い、清潔を保つことも重要であることを頭に留めておきましょう。

短期間で効果を発揮するTOEIC勉強法

忙しい方にぴったりのTOEIC勉強法を紹介します。 それはずばり、テストに出題されることを学習することです。 ただ英語力をアップするために勉強するのは、非常に時間がかかります。 テストには傾向があり、多く出題される問題や文法の内容がありますので、それに絞って学習するのが効果的です。 テストにはスピーキングとライティングは出題されません。 ですから、この二つの能力を伸ばすことはスコアをアップさせることに直接つながるわけではありません。 そのため、この二つの分野に時間をかけることはあまり意味がありません。 選択式のテストですから、TOEIC勉強法にスペルを正確に書くことを取り入れる必要もありません。 このように、効率的に学習することを考えれば、短期間でスコアアップを図ることができるのです。 また、テストには最新の流行語やスラングも出題されることはありません。 ですからこういった言葉の意味を学ぶのは、ハイスコアを狙うためには時間の無駄だといえます。 ただし、総合的に英語力を時間をかけてアップさせたい、という場合にはもちろん必要なことです。 参考書や問題集の選び方も、短期間で効果が出るかどうか分かれるところです。 自分のレベルに合ったものを選ぶようにしましょう。

Return to page top